沿革

2018 (平成30年)
      4.1   箱﨑一二が所長(十一代)に就任


2015 (平成27年)
      4.1   黒澤正明が所長(十代)に就任


2012 (平成24年)
      4.1    大和田正人が所長(九代)に就任


2011 (平成23年)
     11.1    山田満が所長(八代)に就任


2011 (平成23年)
      11.1    財団法人いわき市教育文化事業団を指定管理者として利用を再開。


2011 (平成23年)
      8.1    宍戸弘治が所長(七代)に就任


2011 (平成23年)
      3.11   東日本大震災


2010 (平成22年)
      7.5    利用者100万人達成(福島市立笹谷小学校)


2009 (平成21年)
      4.1    松岡浩三が所長(六代)に就任


2007 (平成19年)
       4.1   船田隆典が所長(五代)に就任


2006 (平成18年)
 7.12 70万人達成・記念樹(河東第一小学校,河東第二小学校,河東第三小学校)
10.29 創立10周年記念式典を挙行


2005 (平成17年)
 7. 5 福島県やさしさマークの交付
11.16 新広場名称『みんなの広場』と決定
2004 (平成16年)

 2.29 冒険の森新コースドラゴンブリッジ完成!

2003 (平成15年)
10. 2 利用者50万人達成(いわき市立大浦小学校・二本松市立大平小学校)
 5.27~5.31 2003ドイツ青少年指導者セミナー代表団受入
 4. 1 阿部光成が所長(四代)に就任

2002 (平成14年)
11.6~11.7 平成14年度第29回東北北海道地区少年自然の家運営研究会」いわき海浜自然の家で開催


2001 (平成13年)
10.27 平成13年度第4回福島県自然の家「わくわくフェスティバルinいわき」
 6. 7 利用者30万人達成(本宮町立本宮小・郡山市立熱海小)

2000 (平成12年)
 4. 1 松本貞男が所長(三代)に就任

1999 (平成11年)
10. 2 天皇皇后両陛下行幸啓
 7. 9 食堂冷房工事竣工
 2.27 子ども放送局設備設置・試験放送開始

1998 (平成10年)
 5.27 利用者10万人達成(小野町立小戸神小)
 4. 1 秋山功一が所長(二代)に就任

1997 (平成9年)
 8. 4 常陸宮同妃殿下お成り
 3. 8 所章決定

1996 (平成8年)
 7.23 利用者の受け入れ業務開始
 7.20 落成開所式を挙行
 7.10 福島県いわき海浜自然の家開所横須賀俊明が所長に就任
 4. 1 福島県いわき海浜自然の家開設準備事務所設置

1994 (平成6年)
平成6~8年度 敷地造成工事・建築・設備工事

1992 (平成4年)
平成4~7年度 測量、地質調査、基本設計、実施設計

1988 (昭和63年)
3月 建設基本計画策定

1987 (昭和62年)
2月 建設地を四倉・久之浜地区に決定

1985 (昭和60年)
3月 第3次福島県長期総合教育計画策定(県立少年白然の家未設置地区であるいわき地区への設置を促進する)

1983 (昭和58年)
12月 社会教育委員の会議の提言(少年白然の家を未設置方部へ建設して利用の拡大を図る)